So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

堂本剛が突発性難聴で入院 堂本光一、代役長瀬と歌う

KinKi Kids堂本光一(38)が29日、テレビ東京系「テレ東音楽祭2017」に生出演し、堂本剛(38)が突発性難聴のため入院することを公表した。

 冒頭に、光一から「番組が盛り上がってきている中申し訳ないのですが、もう1人がここ(隣)にいないんです」と、剛の番組欠席を報告。その理由として「突発性難聴で、大事を取って1週間入院することになりました。20周年もあって、番組で盛り上げていただいて申し訳ないのですが」と説明した。司会のTOKIO国分太一(42)から「元気なんですか?」との質問に、光一は「元気なのは元気なのですが、歌うのはままならないので、今日は代役と歌います」と話し、会場からは悲鳴も上がった。「全部だきしめて」をTOKIO長瀬智也(38)と歌った。

 所属事務所によると、堂本剛は今月20日ごろから左耳の不調を訴え、通院。突発性難聴と診断された。同27日の夕方ごろ、大事をとって入院したという。

 KinKi Kidsは7月21日にCDデビュー20周年を迎える。医師の診断では入院期間は1週間程度になる予定。7月15、16日に横浜スタジアムで行われる記念コンサート「KinKi Kids Party! ~ありがとう20年~」には、当初の予定通り出演する見込みという。
前の1件 | -